社員教育

社員は財産であり、教育は経営における重要な柱である

会社創業以来、規模的に見ると分不相応とも言われる程の教育投資を行って来ましたが、それは「感動を創造する」企業の実現と人を活かすソリューション事業に挑戦し続ける我々にとって、教育が経営の最も重要な柱の一つだからです。

テクノコアの社員教育は、各部門での職務遂行に必要な知識の習得により、適材適所での人材活用を図るためにあり、企業理念、行動規準、事業の方向性に沿って
以下の3点から構成されています。

・会社の中心は社員であり、社員が財産であるという考え
・社員の価値を高める事が会社の発展につながるという考え
・社員のやる気を引き出し、成長の喜びを感じさせるため

テクノコアでは、新入社員(未経験者)は入社後の約6か月間(プログラミング、インフラ)、自社でのIT研修を受講します。
IT研修終了後は、先輩社員と共に実際の業務に携わりながら、約3~6か月間OJT(On the Job Training)を行います。
したがって、約9か月~1年間は教育期間となり、ITエンジニアの土台を築きながら、ヒューマンスキルを修得することが可能です。

入社当初は未経験者だった新入社員も、IT研修やOJTなどで技術力を身につけ、現在では立派なエンジニアとして活躍しています。
さらに、ヒューマンスキルやビジネスマナーの向上に関する充実した外部セミナーをいつでも受講できます。

また、各部門の必須資格と推奨資格を指定し、必須資格は受験料を会社が負担、推奨資格取得者には奨励金を支給するなどして社員の所持資格の向上を図っています。